スマホでの着うたアプリについて〜Androidで着うたを設定する

Androidで着うたを設定

現在音楽配信サービスで配信されているスマホ向けの着うたは、基本的に Android端末向けのサービスとなっています。スマホでの着うたというのは、今のところ Androidスマホを対象としたものだと言っても良いかもしれません。

 

ここでは、Androidスマホで着うたを楽しむ方法について見ていきたいと思います。ただし音楽配信サイトでダウンロードした楽曲のなかには、まだ着信音として使えない(つまり編集アプリ等が使えない。これは著作権の絡みなどもあるようですが。)楽曲がかなりあります。
スマートフォンは着うたなどに対応してつくられたデバイスではありませんから、まだまだフューチャーフォンでの使い勝手で利用できない部分は結構あります。それでもスマホは多機能なデバイスで、手持ちのCDなどから取り込んだ音源を、着信音として設定することはかなり柔軟に操作でき、そうした音源であればフューチャーフォンとほとんど変わりなく着うたを楽しむことができます。
機種にもよりますが、Androidスマホでは、プリセットメロディ以外の音楽ファイルを(保護がかかっていないものなら)着信音に設定することもできますので、ここではその方法について見ていくことにします。

 

まずAndroidスマホに外部の音楽ファイルを取り込む方法としては、microSDカードに保存した音楽を着うたにしていくわけですが、Androidスマホでは着信音選択に音楽ファイルを着信音として表示させるとめに、microSDカードを既定フォルダに保存する必要があります。まずこれをすることで、microSDカード内の音楽ファイルを着信音選択に表示できるようになります。
なおフォルダの管理・閲覧に便利なファイルマネージャーアプリがありますので、そうしたアプリを使ってみることもおすすめです。

 

また Androidスマホのうち「Xperia」では、Mediascape を起動した状態で音楽を再生すると、着信音に設定するボタンをタップするだけで、再生中の音楽が着信音として設定されます。「Xperia」を使っている方は、この方法で着信音選択に表示させてしまうと良いでしょう。

 

では今度は、着信音に設定した音楽を、着信音とするべく、音楽ファイルの長さなどを編集していきます。それをしてくれるアプリとして有名なのが『Ringdroid』です。『Ringdroid』の使い方は、別項でも簡単に紹介しますが、非常に扱いやすく便利なアプリで、編集後保存する際も着信音、アラーム音、通知音として保存できます。このソフトはお持ちのスマホ(Android端末)に入れておくと良いでしょう。

 

これ以外では、music.jpで出している着うた用アプリにも、ダウンロードした楽曲を着うたと編集できるものもあります。ただ、音楽配信サービス系アプリだと、着うたの短いサイズにできないものもありますので(music.jpのアプリもそう)、あまりおすすめできません。

 

編集などが苦手(または面倒)という方もいると思いますが、スマホ向けにズバリ着うたとして使える音楽ファイルの配信はまだ限られています。簡単な音源編集は、着うたを楽しみたいスマホユーザーには、しばらくは必要なことかも知れません。

Androidで着うたを設定関連ページ

Ringdroidを使ってみる
『Ringdroid』で編集する場合、先に編集する楽曲のファイル形式をmp3というものに変更しておく必要があります。
iPhoneで着うたを設定
iPhone は着うたであれ、着メロであれかならずiTunesに登録していくことになります。
dwango.jp〜スマホの着うサイトの案内
音楽配信サービスに求めているもの(アラームに対応してれたりといったこと)をいちばん良く理解して実施しているのが『dwango.jp』
MySound〜スマホの着うサイトの案内
6つのサービスで使うアプリはすべて無料ですが、楽曲のダウンロード利用は月額会員登録して利用できます
うた&メロ取り放題〜スマホの着うたサイトの案内
オリジナリティあふれるサウンドにまとめられています。また懐かしい80年代初頭のピコピコゲームサウンドなども『うた&メロ取り放題☆』の得意とするところ

ホーム RSS購読