スマホでの着うたアプリについて〜『Ringdroid』を使ってみる

Ringdroidを使ってみる

スマホは着うたを聴くためにはつくられてはいませんが、音楽ファイルの多くはパソコンと共有して楽しむことができるなど、携帯以上に音楽を楽しめるデバイスです。ただし、スマホと携帯は別もの。使い慣れるまでその良さをしっかり引き出しきれていないことが、着うた離れのような現象につながっている部分も考えられます。つまり、スマホの着信音がデフォルトのままという方が多いのは、着うたが下火となったからではなく、スマホが使いこなせていないからではないかということです。

 

また、スマホ向けに配信されている音楽が、着信音として使用できないものが多いということもあり、キャリアによっては、ダイレクトに着うたがダウンロードできず、一度シングルやアルバムを買ってから、アプリで着うたをつるくしかない場合もあります。

 

そこでここでは、Android スマホで使える編集アプリ『Ringdroid(着信音メーカー)』を使った編集の手順について紹介してみたいと思います。音楽ファイルを編集するアプリが使えるようになると、スマホにとっての着うたがより身近なものになっていくと思います。

 

『Ringdroid』で編集する場合、先に編集する楽曲のファイル形式をmp3というものに変更しておく必要があります。ファイル形式がmp3かどうはファイル名の拡張子がmp3になっているかを見れば分かります。Windows Media Playerから取り込んだ楽曲だと wma という拡張子を持つ音楽ファイルである可能性がありますので、この場合は iTunes などで、wma ファイルを mp3 ファイルに変換しておきましょう。

 

mp3形式の対象ファイルをスマートフォンのmicroSDカードに移し、いよいよ楽曲を着信音として使うのにちょうど良いサイズに切り取っていきます。
『Ringdroid』を開くと、このアプリで編集可能な楽曲が一覧で表示されます。なお楽曲によっては編集できないものもありますので、その場合は別の候補曲を『Ringdroid』で編集していきましょう。

 

着うた編集するトラックを選択して押すと、『Ringdroid』の編集画面が開き、ブルー系の背景で波形のデータが画面に表示されます。そして画面の左上と右下には、曲の始まりと終わりを示すフロッピーマークが表示されますので、これを動かして着うたにしたい部分の始めと終わりを指定して保存します。はじめは上手く指定できないでしょうが、何度か繰り返すうちに良いポイントを指定できるはずです。最終点は波形が小さくなっているところを指定すると、着信音として聴いた時にブツ切れになりません。

 

ここまでできれば、オリジナル着うたを着信音として使うことができます。少々手こずるとしたら、フロッピーマークを適切にところに指定するところだと思いますが、それ以外は割りとスムーズにすすめていけるはずです。

 

なお『Ringdroid』で保存した着信音は、すべての着信音として使うか、特定の連絡先からの着信音として使うかも設定できます。また『Ringdroid』にはボイスレコーダー機能もありますので、誰かの声を録音して、目覚ましアラームに使うということも簡単にできます。

 

『Ringdroid』が使い慣れてくると、ほかの着うた編集アプリもラクに使えるようになりますので、ぜひ色々ためしてみてください。アプリはAndroid マーケットから無料でダウンロードできます。

Ringdroidを使ってみる関連ページ

Androidで着うたを設定
Androidスマホに外部の音楽ファイルを取り込む方法としては、microSDカードに保存した音楽を着うたにしていくわけです
iPhoneで着うたを設定
iPhone は着うたであれ、着メロであれかならずiTunesに登録していくことになります。
dwango.jp〜スマホの着うサイトの案内
音楽配信サービスに求めているもの(アラームに対応してれたりといったこと)をいちばん良く理解して実施しているのが『dwango.jp』
MySound〜スマホの着うサイトの案内
6つのサービスで使うアプリはすべて無料ですが、楽曲のダウンロード利用は月額会員登録して利用できます
うた&メロ取り放題〜スマホの着うたサイトの案内
オリジナリティあふれるサウンドにまとめられています。また懐かしい80年代初頭のピコピコゲームサウンドなども『うた&メロ取り放題☆』の得意とするところ

ホーム RSS購読